旦那さんに協力してもらうコツ

不妊治療というと、女性のもの、というイメージが今でも根強いです。
けれど、自然妊娠にしろ体外受精にしろ、妊娠というのは男女があってこそのもの。ですから、パートナーである男性、旦那さんに協力してもらわない限り、自然妊娠は出来ないことになります。

 

もし貴女があくまで不妊治療で妊娠したいなら、それでも良いでしょう。旦那さんの協力は、精子の提供だけです。しかも医療者がある程度精子を選別してくれるので、ほとんど協力という協力は必要ありません。けれど、普通に行為を持って赤ちゃんを作ろうとしている自然妊娠の可能性を模索しているのであれば、旦那さんの協力は絶対必要です。

 

まず、旦那さんの精子の質・量が大事です。まずは検査。全てはそこからです。
検査で正常値が出ても、それだけでは安心出来ません。というのも、男性の精子というのは日々生産されている関係上、常のコンディションによって状態が変わってくるからです。寝不足が続いた後では精子の質も落ちますし、栄養不足であれば……考えれば切りがありません。

 

そんな時に考えたいのが、男性の精子の質を高める方法です。
一般的には、亜鉛やアミノ酸などの栄養素を取ると良いと言われています。精子は意外と単純な細胞なので、栄養補給をしてあげれば、どんどん生産されていくものです。けれど、亜鉛にしろアミノ酸にしろ、その質が良くなければ取っても体内に吸収されずに排出されてしまうので、結果として何もならない、ということはあります。安いサプリメントにそういうことがよくある、という話は有名です。

 

そこでお勧めしたいのが、子宝専用サプリです。

 


子宝サプリメント精盛丹 2本

 

子宝専用のサプリメントだからこそなしえた、高品質の亜鉛が取る事が出来ます。
何かしら正体不明のものから抽出した亜鉛では無く、一番吸収率が良いと言われている牡蠣から取った亜鉛を使用しているので、その効果は折り紙つきだと言えるでしょう。

 

この精盛丹というサプリメントを使って妊娠出来た、という方は数知れずいます。実績もあるのです。
値段は少々高いです。国産牡蠣を使用しているのである意味仕方無いところはあるかもしれません。
ただ、不妊治療にずっとお金を垂れ流すよりは余程安価であることは間違いないので、試してみる価値はあると思います。

 

使った翌日の行為の際には、その量にとてもびっくりすることでしょう。良い亜鉛の効果は凄いものがありますからね。

旦那を協力させる関連ページ

家族に応援してもらう
不妊治療は家族の応援あってこそのもの。下の子がいればそれだけで手が掛かって、不妊治療どころではないかも知れませんが、それでも家族を味方に付けることは絶対必要です。
友達に応援してもらう
不妊治療をしている、というと、たまに可哀想みたいな目線で、子供を持っている人から見られることがあります。そういう方は当然不妊治療の経験なく自然妊娠されているのでしょうが、そういう方も含めて、友達は味方に付けた方が良いです。
不妊治療仲間を作る
不妊治療で仲間? というと、病院の中だけの付き合いになりそうですが、その場でFacebookの交換などをして病院外での付き合いに発展させれば、思わぬ友情を獲得出来るものです。