家族を全て味方に付けましょう。

一番難しいのは姑さんかも知れませんね。女腹だとか色々言われて普通の、不妊で無い人でも辟易している関係、というのはよく耳にします。まずは旦那さんを味方に付ける、という話はこちらのページでしましたが、それ以外にも家族はいるはずです。

 

まず、上の子が居る場合。出来るだけ声に出して応援してもらいましょう。声援というのは存外効果が高いもので、「ママ、新しい赤ちゃん頑張って作って!」と言われるだけでも、心の持ちようが変わってきます。よく「愛してるよ」と言われないから嫌だ、という女性は多いですが、こういう場面でも女性は言葉によるフォローは非常に大きなものがあるのです。

 

次に、姑さん。まずは口やかましく色々言われないようにしましょう。これは直接貴女が言ってもムダな場合が多いので、旦那さん経由で黙ってもらうのが吉だと思います。姑さんとしては、孫の顔は見たいわけです。けれどそれがかなわない。それはそれでストレスな訳です。だからといって、子供は授かり物ですから、そう簡単に自然妊娠できていたら苦労もしないわけで。旦那の協力を得つつ、出来るだけじっくりと黙って待ってもらう、というスタイルを作ることが、一番大切だと思います。

 

義理のお父さんも姑さん同様です。色々言われても、出来ない間は出来ないものです。幾ら不妊治療に掛かっても自然妊娠を狙っても、正しい方法(これはトップページの教科書で指導されます)で挑まない限り確率というのは上がりません。ですから、まずは外野にはある程度黙ってもらって、貴女と旦那さんとが二人三脚で結束して、自然妊娠に向けた正しい方法論を採ることが大切だ、ということです。

 

因みに、男児でないとダメだとかいう時代遅れな姑さんもいますが、無視しましょう。
生まれてみれば可愛がるのは間違いないんです。単に家の心配をしているだけなので、それを産む前からどうこう反論しても意味が無い話です。生まれてから、養子を取ることを言ってみるとか、そういう建設的な議論をした方が良いですね。

 

>>>教科書のあるトップページへ行く<<<

家族に応援してもらう関連ページ

旦那を協力させる
不妊治療と言っても、必ずしもあなたばかりに原因がある訳でもない場合があります。まずは最も身近でキーパーソンになる旦那さんに、味方になってもらいましょう。
友達に応援してもらう
不妊治療をしている、というと、たまに可哀想みたいな目線で、子供を持っている人から見られることがあります。そういう方は当然不妊治療の経験なく自然妊娠されているのでしょうが、そういう方も含めて、友達は味方に付けた方が良いです。
不妊治療仲間を作る
不妊治療で仲間? というと、病院の中だけの付き合いになりそうですが、その場でFacebookの交換などをして病院外での付き合いに発展させれば、思わぬ友情を獲得出来るものです。