白砂糖(精製糖)は、不妊治療にも自然妊娠にも害悪です。

白砂糖を常にたくさん取っていると、体質的に冷え性になりやすくなります。言うまでもありませんが、受精卵が着床出来るための子宮は温かくなくては鳴らず、冷え性を抱えたままではなかなか体質的に不妊症の状態が続きやすい、ということは既に分かっています。

 

ただ、白砂糖が原因で不妊症になっている、と気づいている不妊治療をしている人というのは、思いの外少ないものです。
特に近頃では、コンビニに行けば24時間スイーツは売られていて、白砂糖と知らずに白砂糖を山ほど取っている、というレイが珍しくありません。甘党だと自覚している人は、まず自分が1週間にどれだけ甘いものを食べているか記録してみて下さい。それが全て、外で買った物であれば、白砂糖・精製糖を利用したスイーツです。

 

マクロビなどを実践している人であれば分かりますが、甜菜糖という砂糖があります。
これは甘い大根のような植物から取れる砂糖で、一節には身体を温める効果がある、とも言われます。
ただ、どうも植物の科目から言って「冷やします」と断言している人もいて、その効果はイマイチ判然としません。

 

ただ言える事は、白砂糖を使うよりは圧倒的にマシ、ということです。
教科書でも指摘があるところですが、白砂糖を使うと身体は本当にどんどん冷えていきます。
冷え性の人に甘党が多い、というのをご存じでしたか? 周りの冷え性の人に、甘いものが好きかどうか聴いてみて下さい。大体の重度冷え性の人は、甘いものには目が無いはずです。

 

では、白砂糖の代わりに何を使えば良いか。
せめて三温糖程度には、精製度の低い砂糖を使いましょう。自然妊娠を狙っているのであれば、尚のことです。不妊治療中でも同様です。
出来れば黒砂糖が良いです。ただ黒砂糖は味が独特なので、好き嫌いが分かれるところがありますので、味のあまり変わらない三温糖程度で妥協してもいいと思います。

 

自然妊娠を目指すのであれば、まずは砂糖を変えること。
貴女が自然妊娠出来るかどうかは、貴女の身体の調子・状態次第なんです。
ですから、砂糖1つ取っても出来るだけ気を遣って、自分の身体の調子を整えて、自然妊娠出来るように導いていってあげて下さい。

 

>>>自然妊娠が出来る教科書紹介ページはこちら<<<

白砂糖の害悪について関連ページ

塩分について
自然妊娠を目指すのであれば、まずは食事が大切です。その中でも、塩分というのは重要な要素になってきます。塩分の取り過ぎは、特に注意が必要です。