東京では、都が管轄窓口になっています。

東京23区、という括りですが、東京23区では、都がこの不妊治療に補助金を付ける窓口になっています。
詳しいことは以下のURLに載っています。

 

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/josei/funin/top.html

 

非常にややこしい情報の書き方がされているので分かりづらいですが、要するに女性は39才までは満額に近い形で誰でも助成金が受け取れる、という仕組みになっています。男性不妊症も一部対象になっており、幅広く対処されているのが分かります。

 

なお、不妊治療の場合、採卵などを含めて回数制限があるのが基本です。
助成金があるから、という理由だけで不妊治療を始める方はいないと思いますが、限界があることだけは知って置いて下さい。

 

不妊治療というのは、とかくお金が掛かるものです。
けれど、そんな中でも、ある程度ではあっても助成金が出れば、それは助かるものです。
自然妊娠出来ればそれにこしたことはありません。このサイトでは自然妊娠に向けた教科書を紹介しています。

 

トップページの最後で紹介しているので、是非見てみて下さい。

 

>>>トップページへ行く<<<

 

なお、不妊治療を受けている方も、併用して使えるノウハウになっています。
「継続してきた不妊治療を断念するのが怖い……」という方も、安心して使える教科書です。

 

不妊治療は、どうしても時間とお金が掛かります。
教科書を活用して、一日でも早く自然妊娠出来るよう、頑張ってみて下さい。

 

>>>トップページへ行く<<<